中学生でオリンピック金メダリスト岩崎恭子の現在

バルセロナオリンピックでノーマークから彗星のごとく現れ、金メダル候補筆頭のアニタノールを破り競泳女子200Mで見事金メダルを獲得した岩崎恭子さん、若干14歳で金メダルを獲得したことに当時私も驚きと感動でいっぱいでした。

いまでも女子水泳をTVで見るといつも岩崎恭子さんを思い出してしまいます。

そんな岩崎恭子さんがいまどうしているか気になり調べてみました。

プロフィール

斉藤恭子(旧姓 岩崎恭子)

1978年7月21日生まれ40歳

静岡県沼津市出身

日本大学文理学部心理学科卒業

金メダルを獲得してから・・・

金メダルを獲得したあとさぞバラ色の日々がつづいた事でしょうと思いきや、実際にはそうではなく、わずか14歳で金メダルを獲得したことへのやっかみや嫌がらせなどでそうとう苦しんだそうです。その後の記録が伸びなかったのもそのような心ない人達のせいで練習に身も入らなかったことも大きな原因と思われます。

現に岩崎さんも「金メダルなんて取らなければよかった」とか「練習をサボれば注目されなくなるだろう」など思っていたようです。

現在の活動は?

現在は水泳指導員(水泳インストラクター)、スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業の広報専門委員等幅広い活動をなさっているようです。

テレビの出演も私があまり見かけないだけのようで、コメンテーターとして、またバラエティ番組にも結構ちょくちょく出演なさっているようです。

2005年には『METAMORPHOSES』という写真集も出しているようです(とてもおきれいな方なので写真集の出版もうなずけます)。

結婚、ご家族は?

結婚は2009年4月に元ラグビー選手(豊田自動織機)で岩崎さんより1つ年上の斉藤祐也さんとご結婚、斉藤祐也さんはラグビーワールドカップに日本代表として14回も出場された程のすごい選手で他に「スポーツマンNo.1」という番組で6位入賞される程の運動神経の持ち主です。

そのお二人には2011年生まれの娘さんが1人いらっしゃるそうです。

お二人のお子さんならアスリートへの道に進んだらきっと一流の選手になる事でしょう、楽しみですね。

私の頭の中にはバルセロナオリンピックで金メダルを獲得した時の岩崎さんのまだ幼さが残る映像がしっかりのこってますが、今回調べてみて現在は美人でとても素敵な女性になられてました、今後のご活躍もご期待し、メディアでの出演も気にかけて拝見したいと思います。

※追記
2018年11月3日斉藤祐也さんと離婚なさってしまいました。

色々あったのでしょうかお思いますが変わらず応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする